他へなびかないバイアグラの魅力!ヒーロー的存在のED治療薬

バイアグラの歴史

勃起不全、これがどれだけ男性としてつらいことであるか、こちらをご覧いただいている方であればおわかりになるかと思います。
レビトラやシアリスなど、いくつかのED治療薬が存在する昨今においても、不動の地位を得、ED治療薬史に燦然と輝くバイアグラ。
すでに説明不要かもしれませんが、ここでは改めてその実力に迫ってみようと思います。
バイアグラとは、世界的にも有名な製薬会社であるファイザー社の開発によって1990年代に開発され、98年にはアメリカ合衆国での販売が開始されました。
当時あまりに画期的な新薬だったこ薬品は、発売当初「夢の薬」などの愛称を以って勃起不全の患者に迎え入れられました。
アメリカでの販売から遅れること1年の1999年にはわが国でも認可され、販売が開始されています。
ちなみにあまり知られていないですが、有効成分のシルデナフィルは、元々はその血管拡張作用から、動脈硬化、狭心症の治療薬として研究、開発されていた経緯があります。ところが、臨床試験の結果、副作用として勃起の症状が見られたために、ED治療薬の成分として開発が進んでいったのです。
勃起不全の悩みは深刻であり、そこに画期的な新薬として登場したバイアグラはその販売と同時に社会現象に近いセンセーションを巻き起こしました。
違法な販売ルートが存在したり、成分的、衛生的にも問題のある粗悪なコピー品の氾濫などが現在でも一部に横行しており、現在でもその熱気が冷めやらぬ様子がうかがえます。
そして現在では有効成分シルデナフィルの特許が現在では満了しているために、現在では各社から優秀なジェネリック薬品が発売されいるのもまた事実です。カマグラ、スハグラ、ペネグラ、シラグラ、ゼネグラ、ハードオン、ビゴラ、アグラ、センフォースとジェネリック薬の名前を挙げれば枚挙に暇がなく、もちろんどれも有効成分は先発薬同様のシルデナフィルとなっています。
ちなみに、このシルデナフィルの成分量は日本で認可されているものは25mgと50mgの2種類となっています。
個人輸入などを利用すれば、100mgのものも購入が可能ですが、効き目が強い分副作用なども強くなるので使用には注意が必要です。